ツイッター(Twitter)で誹謗中傷をツイートされたり、個人情報の暴露をされたりしたときは「逆SEO」という対応方法が考えられます。 Twitterは本社がアメリカにあり、削除依頼をしても拒否されることが多いです。 削除できなかった場合は、名前(個人名)や会社名で検索したときに検索結果の上位に出てこないようにするのが、解決手段の一つになります。

人権侵害の巣窟?

Twitterは人権侵害の巣窟(そうくつ)だと言われます。本人の許可なく実名をあげたうえで中傷する投稿(ツイート)が頻繁に行われています。 誹謗中傷の削除をTwitterに依頼しても、無視されることが多いです。 便利なツールであることは事実ですが、個人情報や人権の保護という観点からは無法地帯に近い状態になっている面が否めません。

よく考えずに投稿

ツイッターの問題点の一つに、利用者がよく考えずに投稿する傾向がある、という点があげられます。

デマが拡散

Twitterは、短い文章をつぶやくのが目的です。じっくりと文章を投稿するというよりは、思ったことをその場でリアルタイムに発信するというスタイルです。 まさに「つぶやき」です。 このため、多くの人が熟慮することなく、頭に思いついたことを書き込んでしまうのです。 また、匿名でアカウントを開設している人が多く、根拠のないデマが拡散しやすいのも事実です。

Twitter Japan株式会社

日本に会社がある

Twitterはアメリカのサンフランシスコが本社ですが、日本で広告を集めるなど、大々的にビジネスを展開しています。 日本国内にも支店となる法人を構えています。会社名は「Twitter Japan株式会社」といいます。 2019年6月現在、日本語版のホームページ(https://about.Twitter.com/ja/company.htmlに登録されている住所は以下の通りです。
〒104-0031 東京都中央区京橋3-1-1 19F 東京スクエアガーデン

ネットのイジメに対する不誠実な対応

このTwitter Japanという会社は、日本人がツイッター上でいくら誹謗中傷されても、まともに対応しません。 子供たちが陰湿なイジメを受けても、真摯な対応を見せることは少ないです。 大手マスコミの取材に対しては、対策をとっているかのような姿勢をアピールしており、 マスコミもそれを真に受けて報道しています。(例えば2019年6月4日付の朝日新聞社会面)。 しかし、現実は違います。放置されている人権侵害は山ほどあります。

削除依頼を次々と却下

実際のところ、Twitterに削除依頼をしても却下される場合が多いです。「厳正な判断の下、審査しましたが、ポリシー違反には当たりませんでした」としうテンプレート的な回答が返ってくるだけです。ツイート内容が事実無根のデマや中傷だったとしても、無視やスルーをされることもあります。

殺害予告にはアカウント凍結

ただ、明らかな人権侵害や殺害予告などは削除されたり、アカウント凍結によって消えたりするようです。

「海外」を理由に逃げる?

ツイッター・ジャパンは「ツイートを削除する権限は日本法人にはない」という理屈を積極的に展開しています。 大勢の日本人や日本国内居住者が利用しているにもかかわらず、「本社は海外」という主張によって、 責任のある対応から逃れようとする姿勢が伺えます。

2chのほうが対応が良い

2ch(2ちゃんねる)はメールで削除依頼すれば、担当者が数日以内で判断し、「削除する」「削除しない」の応答が来ます。 この点を考えると、Twitterの対応は2chよりも不誠実という意見も多いです。

口コミ・レビューの評価は最低レベル

このような不誠実な対応を反映して、Twitter Japan株式会社に対する日本国民の評価はたいへん厳しいものになっています。 各種の口コミやレビューにおいて、同社に対する評価は最低レベルになっています。 Googleマップの口コミ評価は5点満点のうちの「1.5」です。 一般的な企業としては考えられない評判の悪さです。 また、レビューの投稿内容としては、誹謗中傷の被害を訴える内容が多いです。

逆SEOの問い合わせ

逆SEO

Twitterによる誹謗中傷の被害を受けたときは、やはり削除させるのがベストです。 しかし、残念ながら削除依頼が却下されてしまったときは、二次的な救済策として、GoogleやYahooの検索結果から削除するという方法が考えられます。 Twitterでなく、Googleに対して「検索結果から削除してくれ」と申請をするのです。

検索結果から削除できないとき

検索結果からの削除もダメだったら、逆SEO(リバースSEO)で対応するという選択肢が残ります。 逆SEOを行い、名前などで検索したときに、Twitterが上位のページに表示されないようにするのです。

自衛策の一つ

逆SEOは、名誉毀損やいじめ、ハラスメントから自分を守るためのやむを得ない措置の一つといえます。 今の世の中においてTwitterによる風評被害やレピュテーションリスクは無視できません。 Twitterによる人権侵害が放置されている残念な状況では、ご自身のレピュテーション(評判)の自衛策として逆SEOを考えざるを得ないといえます。

逆SEOの問い合わせ